あしや人形感謝祭とは

福岡県遠賀郡芦屋地方で行われる「人形(ひとがた)行事」の総称のことを指します。

もともと芦屋地方では、人形(ひとがた)を身代わりとして病気などの災厄を避ける風習がありました。「あしや人形感謝祭」は、身代わりとなった人形に感謝を捧げるとともに、知らず知らずのうちに お世話になる自然や人への有難さを再認識する行事です。

珍木、「なんじゃもんじゃ」が見頃を迎える4月29日に、岡湊神社にて「あしや人形感謝祭」が行われます。この日は、お人形も「おひとりさま」として人と同じようにちいさな食事膳を振舞われます。

この由来は定かではありませんが、その昔夭折した我が子の誕生日に食事を捧げたとも、身代わりのお礼の気持ちに土地の産物を捧げたことからとも言い伝えられています。

平成18年度 人形感謝祭

平成18年(2006年)4月29日の「あしや人形感謝祭」では、人形が活躍する人気アニメーション「ローゼンメイデン」のキャラクターを関係者のご厚意で起用することができました。当日は麻生太郎(元総理)事務所も参列、記念式典のほか記念品即売会やJR九州バスツアーなども実施され、北海道・鹿児島をはじめ全国各地より延べ3,000人のファンが集まる大イベントとなりました。

当日の様子は熱心な参加者により全国に発信され、住民と町役場職員、商工関係者、秋葉原のホビーショップなどが協力・連携して開催した事例として認知されました。この試みが好評を博したことにより、その後同様の催しが全国各地で行われるようになりました。

about_p